二匹の猫とオヤジの静かなる日々

猫とオヤジの静かなる日々を淡々と綴っています

異変?部屋に虫があまり現れなかった夏

こんにちは。MilaOyaji です。
このブログでは、私と二匹の猫との静かなる日々をお届けしたいと思います。

10月に入り、秋の気配が濃厚になってきましたね。

こちらは 9月に地元のハイキングコースで写したキノコの写真。
瑞々しくて美味しそうでしょう?食べられるかどうかは分からないけれども・・・。

少し季節を戻して夏のお話を。
夏といえば虫。

鎌倉は自然が豊富ですからねえ。自然が豊富だと虫も豊富なわけですよ。

例えばご覧のゴキブリなど、去年は春から秋にかけてミラが 10匹は駆除しましたよ。

ムカデも 2匹現れました。ゲジゲジだって 1匹現れました。
あまり現れてほしくない虫ですけどね。

ヤモリだって現れました。

昔からその名前から「家守」や「屋守」として家を守ってくれる縁起の良い生き物とされていますよね。

だからさすがに現れたとき、猫(ミラ)から引き離しました。

今年からアメショのミラ(右)に続いてノルウェージャンフォレストキャットの來依(らい)が仲間入りしました。

これで二馬力(二猫力?)になってわけだから、「虫取り能力」も倍増されたわけです。

ところが不思議なことに今年に入って虫の数が激減しました。

特に去年は 10匹は現れたゴキブリが今年はとうとう 2匹しか現れませんでした。

上の写真は 4月のときのもので、ミラが意地になってゴキブリを追っているところの写真です。

だけどこれを含めてわずか 2匹ですからねえ・・・。

じつは去年の夏、怪しそうな穴は全てふさぎました。

たとえばこの通風孔もガムテープでふさぎました。
この近くでムカデが現れたからです。

更に流しの換気扇もふさいでしまった。
どうせ 2階で調理をすることなどないから、稼働させることなどないからだ。

こういう地味な努力が実を結んだのか・・・

あるいは去年までの 2年間でミラがゴキブリなどの虫をほとんど駆逐してしまったのか・・・

あるいは今年に入ってからのミラ&來依のWパワーで、私が見ていないところでひそかに駆逐しているのか・・・

そのあたりかなあ・・・。

 

↓ 猫に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

ウエットフードは本能が刺激されるフード?

こんにちは。MilaOyaji です。
このブログでは、私と二匹の猫との静かなる日々をお届けしたいと思います。

夏場になってノルウェージャンフォレストキャットの來依(左側)の食欲が低下し始めたって話を以前しました。

しかしウエットフードの PURINA felix シリーズを与えたところ、やはりウエットフードの方がおいしいのかバフバフ食べるようになり、事なきを得ました。

しかしどうやら PURINA felix シリーズはアメショのミラ(右側)にとっても好物なようで、今までウエットフードには全然興味を示さなかったミラもバフバフ食べるようになりました。

それはまあいいとして、PURINA felix シリーズをミラに食べさせるとき、ミラが「ウウウ」と低くうなり声を上げることがたまにあるんですよ。

これって部屋にスズメが現れて、写真のようにスズメをくわえていたときと一緒です!

元々猫って鳥やネズミを捕まえて食べているわけですよね。それが猫にとって、本当は一番自然な食事です。

多分ウエットフードの方が、そういう生のエサに近いのでしょう。
だから野生の本能が蘇(よみがえ)ってうなるのですよ。

そういえば「ジャクソン・ギャラクシーの猫を幸せにする飼い方」の中でも著者のジャクソン・ギャラクシーさんは「市販されている最高級のドライフードより、最低のウエットフードを与える方がましだと思う」と述べています。

その理由の一つとして、水分率がネズミなどの動物に近いことを挙げています。

ほら、やはりウエットフードの方が生のエサに近いのですよ。
だから野生の本能が蘇(よみがえ)ってうなったのですよ、ミラも!

ということからすると、ウエットフードの方がフードとして優れていると言ってもいいのかもしれませんね・・・。

でもウエットフードは量の調整が面倒です。開封したらすぐに食べ切ってしまわないといけないですし。

それにはっきりいってドライフードの方が安上がりだし、そもそもまだこんなに残っています(笑)。

だからドライフードも食べてくださいね、ふたりとも・・・。

 

↓ 猫に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

猫とオヤジの静かなる日々、秋の小ネタの話

こんにちは。MilaOyaji です。
このブログでは、私と二匹の猫との静かなる日々をお届けしたいと思います。

今回は秋の小ネタです。

 

猫はラタン調ベッドがお嫌い

以前ミラのためにラタン調ベッドを買ってやったことがあります。

ところが何とミラのやつ、ラタン調ベッドを全く無視。
とうとう一度も寝てくれませんでした・・・。

では來依はどうかと差し出してみたものの、來依も無視!
とうとう一度も寝てくれませんでした。

猫はラタン調ベッドが嫌いなのか・・・。

そのくせ体重計の上で気持ち良さそうに眠ります。

硬いベッドが好きなのかい?

 

時々犬を飼いたくなるけれども・・・

私は 2匹の猫を買っているわけですが、時々無性に犬を飼ってみたくなることがあります。

しかし私が飼いたい犬は、「お年寄りにも飼いやすい」などと言われている小型犬ではなく、ご覧のゴールデンレトリバー

うちの近所でも飼っている人がいてね。その何とも穏やかそうな性格に惹かれるのだ。

ただ何せ大型犬である。
じじいじゃ散歩の際に引っ張られてしまう危険性がある。

それに「朝夕に 30分から 1時間程度の散歩は欠かせません」というではないか。
残念ながら体力的にも無理そうですね・・・。

 

枝豆

意外そうに思うかもしれませんが、來依は納豆を食べます。
実際納豆を食べる猫はそこそこいるそうです。

「だったら枝豆も食べるのでは?」とふたりに差し出してみたものの、ふたりとも食べませんでした。
特にミラは全然興味がないようでした(どんぐりだとおもちゃにするのだけれども)。

 

ノーシャンプー

ノルウェージャンフォレストキャットは長毛種です。
長毛種にはシャンプーが欠かせないといいます。

でも來依は今日(こんにち)まで一度もシャンプーをしていません。

まあ動物病院の先生は、猫はしなくても問題ないと言っているのですが、ここままノーシャンプーを続けていいのでしょうか?

 

ベッドで

少し涼しくなったせいでしょうね。
先日珍しくふたりがベッドに入ってきました。

夏の間はまったくないんですよ。

 

変顔

最後に來依の舌出しの変顔です。

何でこんな顔をしたのでしょうね・・・。

 

↓ 猫に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

夏の終わりの夜、野良猫登場!

こんにちは。MilaOyaji です。
このブログでは、私と二匹の猫との静かなる日々をお届けしたいと思います。

こうして窓から外を眺めるのは猫が好んで取る行動ですよね。

窓は猫に乗ってはテレビのようなものなのでしょう。いつまでも飽きずに眺めていたりします。

夏の終わりの夜のこと。アメショのミラが網戸越しに熱心に外を眺めていました。

時間からすると 18時半頃。まだ真夜中ではありません。

最初は薄明かりの中にいる虫を眺めているのかと思っていました。

でも昆虫なんかじゃない!もっとずっと大きなものだった!

タヌキか。
いや、もっと白っぽいな。

ひょっとして猫?

ええい!
網戸にピントが合ってしまう。

マニュアルフォーカスで合わせよう。

やっぱ猫だ!

距離からしたら 3m ぐらいの場所か。かなり近いぞ。

まあ今どき完全な野良猫などいないだろうから、何処かで飼われている猫が庭に遊びに来たのだろう。

それにしても面白い。こんな近距離なのにミラはうなりもせずにじっと眺めているだけ。

來依が小さい頃、あれだけ「シャー攻撃」をしたのに、何故こんなに静かなのだろう?

そのうち來依が現れた。するとミラは特等席を來依に譲ってしまった。

來依もミラと同じようにおとなしく外を眺めていた。まるで野良猫の存在に気付かないかのように・・・。

で、ミラの方はこんな風に離れた場所から眺め始めた。

ミラはおもちゃも來依に譲ってしまうし、こういう優しさのようなものがある。

ちなみのこの日以来私はこの猫に遭遇していない。

案外たまにはふたりとも、顔を合わせているのだろうか?

 

↓ 猫に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

ノルウェージャンの來依の体重増加、止まる

   こんにちは。MilaOyaji です。
このブログでは、私と二匹の猫との静かなる日々をお届けしたいと思います。

夏場になって低下し始めたノルウェージャンフォレストキャットの來依(左側)の食欲ですが、9月になっても相変わらずです。

これがある日の食べる前の状態。
右側の大きな器が來依のものです。

そしてこれが食べたあと。
やはりこの程度残してしまいます。

もっともご覧の PURINA felix なら食べるのですから、食に関しては要するにおいしいウエットフードの味を覚えてしまっただけなのかもしれません。

ただ体重が増えないのは事実なんですよねえ。

生後 204日から 1ヶ月間、ずっと体重が 3.1kg で変わらないんです。
普通ならまだまだどんどん増える時期でしょう?

ウエットフードってことで与える量の計算がうまく行ってないのかもしれません。
もう少し量を増やしてみるか・・・。

一方面白いのが右側のミラ嬢。

ミラは今までウエットフードは一切食べなかったのに、PURINA felix なら実においしそうに食べるんですよ。

ところがある日急に食べなくなった。
原因はこれだった。

同じものを買ったつもりでいたのに、「やわらかグリル」ではなく「我慢できない隠し味ゼリー」を買ってしまっていた。

どうもこの「チキン&ほうれん草」のうちのほうれん草のにおいが苦手のようだ。なめることすらしませんからね。

ちなみに來依は全然問題なく食べます。

で、もっと面白いのは、ご覧の「ビーフ&トマト」ならミラでも食べるんですよね。

へえ。トマトならいいんだ。複雑な味覚(嗅覚?)をしているんだなあ。

それにつけてもほうれん草だのトマトだのって、肉食動物である猫には必要ないんじゃないの?

人間にとってはヘルシーな気がしますけれどねえ・・・。

 

↓ 猫に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

台所の排水溝が詰まってしまって、大騒ぎ!

こんにちは。MilaOyaji です。
このブログでは、私と二匹の猫との静かなる日々をお届けしたいと思います。

先日のこと、台所の排水溝が詰まってしまいました。

この写真じゃ分からないかもしれないけれども、一旦水を使うとシンクが池になってしまいます;;;

で、1時間ぐらいほっとかないと水が引かない状態でした。

じつは 6年ほど前にも一度こうなってしまったことがあります。
夜のことでネットで検索してみたら、このように沢山の業者が引っ掛かりました。

そのうちの 1つ「無料で見積もりいたします」ってところに電話をしたら、わりとすぐにやってきました。

ところがこの詰まりには高圧洗浄が必要で 5万ほど費用がかかるというのです。

   5万円!高い!

私は断ろうとしました。
ところが当時はまだ元気だったお袋が、それでもいいからやってもらってほしいと言うのです。

夜で困っていたこともあり、しょうがなくやってもらいました。

確かにそれで詰まりは取れました。
業者は言いました。

「これであと20年は大丈夫ですよ」

   ウソつけ!

6年前の失敗もあって、もうその手の業者に頼むのはこりごり。

そこで自分でやり方を探ってみました。

見つけたページでまず紹介されいてのがペットボトルを使って詰まりを除くという方法。

2リットルのペットボトルをこのように差して、両手で挟んでベコベコと押しつぶして排水管の中にペットボトルの中の空気を送り込むというものだ。

しかし何本か試してみたものの、全く効果がなかった。

次に紹介されていたのが、トイレの詰まりのときに使うこのラバーカップを使う方法。

ペットボトルがダメでもこれなら一発でうまく行く場合があるという。

幸い大きさ的にはちょうどぴったりだったのですが・・・やっぱり駄目でした・・・。

次に紹介されていたのが、ピーピースルーFという薬剤を使う方法。
これは水道業者の方も使っている強力な「業務用配水管洗浄剤」だそうで、市販のパイプクリーナーよりはるかに威力があるらしい。

早速ネットで購入してやってみた。

まずは 1/4 ほどを排水口の周りに巻く。
そして外側に沿って温水を静かに注ぎ、薬剤を配水管の中に流し入れろという。

このときはちゃんとマスクと手袋をして行うこと。

すると排水溝の中で泡が立ち始める。

このあと30分~1時間、あるいは一晩放置したあと、大量の水で押し流せという。

で、大量の水で押し流したのだが、駄目じゃないかあ!

しょうがなくもう一度同じことをしてみたのだが、それでも駄目だった・・・。

しょうがなく外の排水溝から・・・

ご覧のワイヤーを通してみた。

ところがトラップというものが仕掛けてあって排水溝の中は真っ直ぐではないため、そのトラップの先まで進んでいかない・・・。

ほとんどあきらめかけていた私に、飲食店をやっている人が必殺の方法を教えてくれた。

それはホースを奥深くまで差し込み、入り口をタオルなどで塞いだ上で水を流し、水圧で詰まりを取るという方法だった。

しかし最近の蛇口はそのままではホースがつかない。

しょうがなくホームセンターに行ってご覧のアダプターを買ってきた。

早速アダプターを流しの蛇口に装着。問題なくついた。
で、そこにホースをつなぎ、ホースの先端を排水溝に突っ込む。

そしてタオルなどを使って入口を完全にふさぐ。
このふさぎ方がいい加減だと水が上に登ってきてしまう。

で、いざ、放水!

これで大成功!

外に出てみたら、排水溝から勢いよく水が流れていた。

白っぽい塊は油である。こいつが詰まっていたのですよ!

というわけで 5万円払うことなく、見事に排水溝の詰まりを解消することができました。

これであと20年は大丈夫でしょう(笑)。

作業の間、ふたりはずっと「何ドタバタやってんの?」って顔して見ていましたよ。

悩みが少なくて、羨ましいよ・・・。

 

↓ 猫に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

ノルウェージャンの來依のちょっとおかしな「お手」

こんにちは。MilaOyaji です。
このブログでは、私と二匹の猫との静かなる日々をお届けしたいと思います。

 

さて、ご覧の「猫との暮らしが変わる遊びのレシピ」(坂崎清歌・青木愛弓著)に従って、ノルウェージャンの來依(らい)にクリッカー・トレーニングを始めたのは 5月の終わり。もう随分経ちました。

ご覧の「お座り」は比較的簡単にマスターしました。

更にこれに続く「伏せ」も結構順調でした。

どうです?綺麗に伏せているでしょう?
横に寝てしまう先住猫のアメショのミラよりもずっと上手なほどです♪

ところが「お手」がどうにも苦手でした。

どうも來依は手を握られるのを嫌うようで、私が手を握った上で「お手」という号令をかけて覚えさせようとしてもうまくいかなかったのです。

しかし苦節数ヶ月を経て、下手なりにも何とかなってきましたんで、公開します。

何度も書いているとおりクリッカー・トレーニングにおいては「強制」は御法度です。

のんびりと猫とのコミュニケーションを楽しんでいけばいいのです。

半年後ぐらいにはもっとうまくなっているのではないかと、期待しております♪

 

↓ 猫に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村