二匹の猫とオヤジの静かなる日々

猫とオヤジの静かなる日々を淡々と綴っています

子猫の來依、感電す?

こんにちは。MilaOyaji です。
このブログでは、私と二匹の猫との静かなる日々をお届けしたいと思います。

ある日、事務所で遊んでいた來依が絶叫した。
「ゲ~!ゲ~!」のような聞いたことのない声を張り上げたのだ。

テーブルの端にいたんで、テーブルの脚に挟まったのかと思い、テーブルを持ちあげたのだが、それでも絶叫が止まらない。

そのうちやっとその場所から逃れ、部屋からすっ飛んで逃げた。

そのときミラはこんな風に本箱の上にいたのだが、さすがに驚いた様子だった。

1枚目の写真を見ると分かると思いますが、照明器具のコードがある。
このコードの一部を食いちぎろうとして「感電」した可能性がある。

実際ネットで調べてみたら、猫が室内で感電してしまう事故のほとんどは、コンセントにつながっている電源コードが原因で起こるらしい。

要するに猫が電源コードで遊んでいる最中に、誤って外側のビニールカバーを噛みちぎり、感電してしまうということのようです。

しかし見たところコードに食いちぎられたような跡はどこにもなかった・・・。

だったらテーブルタップの差込口に手を触れた?

たしかに汗をかいた手(や肉球)が差込口に触れた場合、大量の電流が身体に流れ込む危険性はあるそうだ。
ただ一応こいつは差込口にシャッターがあるタイプだから、それもありえないんだけれどねえ・・・。

いずれにせよ、もし感電だったとして、私が留守の時にこれが起こっていたら・・・

感電死した可能性もある・・・。

再び部屋に戻ってきた來依はけろっとした顔をしていた。

感電したとすると、接触部分(口や前足など)にやけどが見られる場合があるというけれども、幸いそれもなかった。

というわけで感電したのかどうかもはっきりとは分からないのですが、あの絶叫ぶりからして、他の理由(ムカデに刺されたとか)は考えにくいです。

今後も注意せねば・・・と思っています。

 

↓ 猫に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

奇跡!ミラが來依の毛づくろいを受け入れた!

こんにちは。MilaOyaji です。
このブログでは、私と二匹の猫との静かなる日々をお届けしたいと思います。

何しろノルウェージャンの來依(らい)はまだ子供。遊びたくてたまらない。

だからすぐに先住猫のアメショのミラに突っかかっていくのだが、ミラにはそれが少し鬱陶しいらしく、ご覧のようにあまりしつこいと猫パンチを食らわせたりしています。

だからこういう猫団子状態は夢のまた夢だと思っていました。

ところがある朝、珍しくベッドでふたりが一緒に寝ていました。

そしておもむろに來依がミラの毛づくろいを始めたのです。

普通ならすぐにミラは怒りだすのに、このときにはずっとそんな來依の毛づくろいを受け入れていました。

まさに奇跡のような光景でした。

そんな様子を動画でどうぞ。

まさに奇跡のような光景でしたが、残念ながらその後はこんな調子で、ベッドで一緒に寝ることすら、ほとんどなくなってしまいました。

ま、たまにしか起こらないから「奇跡のような光景」なのかもしれませんね・・・。

 

↓ 猫に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

來依、ミラのおもちゃで遊びまくる

こんにちは。MilaOyaji です。
このブログでは、私と二匹の猫との静かなる日々をお届けしたいと思います。

猫を飼っていると、そのあまりのかわいらしさから、次々におもちゃを買い与えたりしてしまいます。

しかし一つだけ困った問題が。
案外この手のおもちゃってすぐ飽きちゃうんですよねえ・・・。

ご覧の「ぐるぐる猫タワー」も最近では全然ミラは遊ばなくなってしまいました・・・。

しかしうちには、今がいたずら盛りのノルウェージャンフォレストキャットの來依(らい)がいます。

來依なら喜んでくれるに違いないと、おもちゃを与えてみました。

作戦大成功ですね。ご覧のように喜んで遊んでくれます。

特に猫壱の「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン2」はお気に入りのようで、ほっとけばいつまでも遊びますよ。

ミラはというと、狂ったかのように遊んでいる來依を、唖然とした顔で眺めていることが多いです。

まあでも、來依もそのうち飽きるんだろうなあ・・・。

 

↓ 猫に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

ミラと來依の小ネタの話

こんにちは。MilaOyaji です。
このブログでは、私と二匹の猫との静かなる日々をお届けしたいと思います。

今回はアメショのミラとノルウェージャンの來依(らい)の小ネタの話です。

 

來依は爪を立ててよじ登ってくる

ミラも來依(らい)もこうして時々ひざの上に乗ってくる。
それはいいんだけれども、來依は爪を立てて私の脚をよじ登ってくるんだ。

これが強烈に痛い!

一方ミラは「ひょい」と飛び乗ってくるから全然痛くない。

來依も成長したらミラのようになってくれるのか、このままなのか・・・。

 

トイレ

今うちは、花王の「ニャンとも清潔トイレ」と、アイリスオーヤマの「ネコのトイレ ホワイト(55.7×45.2×16cm)」を使っているのだけれども、どうやらふたりはウンチのときにはこちらのアイリスオーヤマ・ネコのトイレでやるのが好きなようだ。

一方おしっこはどちらでもしてくれます。

 

ハンモック

ミラはキャットポールの上にあるハンモックを全然利用してくれなくて私をがっかりさせたものですが、來依はこうしてよく使ってくれます。

嬉しいです。

 

猫が喜ぶ動画

猫が喜ぶ動画というのを見せたら、ふたりとも必死になって観賞していた。

しかしもう少し離れた位置から見た方がいいんじゃないの?目に悪いよ。

 

なぜ鳴くのか、分からない

ミラが新事務所ののっぽのタンスに向かって鳴く。いつもそうだ。手前にある椅子の上に載って、鳴く。

どうも上の収納の部分に行きたいらしい。「じゃあ」と抱きかかえようとすると怒る。

何なんでしょう?ミラの言葉が分からない。

 

ミラが何か口にくわえてやってきた

ある日のこと、ミラが口に何かくわえてやってきた。

ゴキブリかと思ったらそうではなく、來依がおもちゃにしているボール球だった。

それをぽとりと床に落として「ニャー」と鳴く。
まるでそれは來依のために持ってきたように思えた。

そんなことはあり得ないんだけれども、そう思えたのだ・・・。

こんな感じでふたりとの生活が続いています。

ふたりとも幸せを感じてくれているといいな、と思っています。

 

↓ 猫に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

パステル三毛の來依、浴槽に落ちる

こんにちは。MilaOyaji です。
このブログでは、私と二匹の猫との静かなる日々をお届けしたいと思います。

4月の話なのだが、來依が浴槽に落ちた。
幸い水深は 10cm ほどしかなかったし、私がいたときだったので問題なかったのだが、うっかりした。

まだこの時点で生後 80日ほど。
まさか浴槽のふちに登ってくるとは思わなかったのだ。

もちろんタオルで拭いてやった。でもドライヤーは嫌なようだった。
だからあとはこうして自分で必死に舐めていた。

ずぶ濡れの猫の姿は痛々しい。

そんな様子をミラも見にくる。
ちなみにミラも小さい頃 2度浴槽に落ちている。

それでもふたりとも、その後も平気で風呂場に入ってきます。

ある場所で嫌な思いをするとその場所には近づかなくなる・・・という話を聞くのに、怖くないのかね・・・。

度胸があるというべきなのか、学習能力がないというべきなのか、どっちなのでしょう?

ところでこの風呂場、もう設置から 40年近く経っている。
トイレ同様、そろそろ交換すべきかなあ・・・。

 

↓ 猫に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

來依に「お手」を教える(クリッカー・トレーニング)

こんにちは。MilaOyaji です。
このブログでは、私と二匹の猫との静かなる日々をお届けしたいと思います。

私は早くから猫のトレーニングに興味を持っていて、先住猫のミラを飼い始める何ヶ月も前にこんな本を買っていました。
「猫との暮らしが変わる遊びのレシピ」(坂崎清歌・青木愛弓著)です。

この本で紹介されているのはクリッカー・トレーニング。
ボタンを押すとカチッと音が鳴る「クリッカー」という道具を用いたトレーニング法で、「クリッカー・トレーニング」で検索してみれば分かるとおり、本来は主に犬に対して行うものだ。

ところがこの本ではそれを猫に対して行っている。
そう。一般的に犬と違って猫は芸を覚えないとされているが、実はそんなことはないのだ。

こう書くと「猫は気ままに生きる動物。それに対して無理矢理芸を仕込むなんて」と思う人がいるかもしれない。

でもそれは違っている。「無理矢理芸を仕込む」のではない。「クリッカーを使って猫と遊ぶ」のだ。
だから本のタイトルも「猫との暮らしが変わる遊びのレシピ」なのだ。

そう。クリッカー・トレーニングは猫とのコミュニケーション手段なのですよ。

必要なのはクリッカーとターゲット棒と猫が一番喜ぶおやつだけ。

クリッカーに関してはこのようものが 400~500円でネットにいくらでも売っています。
要するに「カチッ」っていうクリック音が鳴る道具だ。

だけど私が買ったのはこの Karen Pryor Clicker Training というやつで、クリッカーとターゲット棒が 1つになっているもの。

2,880円もするんで、「高い」と思った方は普通のクリッカーと、あとはお菜箸あたりをターゲット棒として使えば十分。
でも個人的にはクリッカーと一体型になっていた方が便利だと思いますよ。手に 1つ持てばいいのだから。

さて、肝心のクリッカー・トレーニングの方法はというと、実はとても簡単だ。

大事なポイントは「クリッカーの音が鳴ると→ご褒美(エサ)がもらえる」と猫に認識させることだ。
これを「チャージング」というのだが、要するに猫にクリッカーの音を「ご褒美が出てくる音」と条件づけさせるわけです。

だから・・・

   猫が正しい行動をする
      ↓
   すぐにクリッカーを鳴らす
      ↓
   ご褒美をあげる

という流れになるわけです。

最初はこのターゲット棒を猫の鼻先に差し出す。
大抵の猫はそうすると興味を持ってきてターゲット棒の臭いを嗅ごうとする。

そのとき素早くクリッカーを鳴らし、ご褒美をあげるのだ。
すると猫は「ターゲット棒に鼻を近づけるとご褒美がもらえる」と学習するというわけ。

というわけで早速來依にやってみました。
クリッカー・トレーニング、初挑戦です。

最初としては、まあまあですかねえ。

ま、あわててはいけません。
これは飽くまで猫とのコミュニケーションの手段なのだから・・・。

というわけでクリッカー・トレーニングはまだまだ続きます。

 

↓ 猫に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

【動画編】2匹の猫がまったりとしている絵

こんにちは。MilaOyaji です。
このブログでは、私と二匹の猫との静かなる日々をお届けしたいと思います。

さて、前回は、ただただ 2匹の猫がまったりとしている絵をお届けしましたが、今回はそれの動画編です。

というわけで早速お楽しみください。

前回も書いたとおり、いつも動画のとおりならいいのですが、普段はこんな感じで離れて寝ております。

だからこそ、今回のような寝姿は貴重なのですよ。

ま、私が夢見た猫団子はやはり夢のまた夢のようですが、この程度仲がよければ上出来ですかねえ・・・。

 

↓ 猫に興味のある方、このブログを気に入っていただけた方は、こちらをクリックしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村